コーチの徒然草

《コーチング・ブログ》--------岩手県盛岡市在住のパーソナル・コーチ 平野順子が、コーチングやセミナーの活動を通して、心に触れたこと、目に留まったものを、徒然、気ままにお伝えします~。

2018/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
以前、ここで書いたかもしれませんが、看護系管理職向けの月刊誌の連載のご依頼をいただいていまして、現在、執筆継続中。「コーチング」をテーマに4回シリーズの連載で、11月号から掲載されます。

初回の原稿締め切りが9月下旬、2回目が10月下旬だったのですが、遅延なく無事に2回目の原稿までは送付完了。この分量の連載は初めてだったこともあり、まず4回シリーズ全体の構成と、第2回目までの素案というか、粗めの原稿を8月中に書きました。そして、編集者の方のご意見もお伺いしながらより良い原稿にしたいと思いまして、9月中頃に2回分の原稿をお送りしたところ、1回目はタイトルを修正したくらいでOK。2回目も文章量が多いけどおおむねOKということで、微修正くらいですみました。

もともと計画的な方かなと思うのですが、特にも編集のお仕事って原稿が集まらなくて苦労されているイメージが浮かんでしまうので、少なくとも私がご迷惑をおかけしないようにせねばと、いつも以上に前倒しして作業するように心がけてます。

持っている時間に対して、しなければならないことの分量が絶対的に多い場合は別として、そうでなければ早めにやろうがギリギリにやろうが使う時間は同じ。であれば早めにやっておいたほうが精神衛生上いいでしょう、というのが私の基本的な考え方。なので、研修のテキストにしても、日程的にまだ余裕がある段階で8割くらい完成させておいて、少し寝かせてアイデアが浮かぶことがあったり、あとで見返して修正箇所を発見したり、などがありながら完成って感じが理想です。

今回、原稿を執筆する作業をしてみて、この後半の2割がすごい重要だなとあらためて思いました。書いているときにはあまり読み手側の視点に立っていないことがあって、自分の中では筋道が立っているのですが、初めて読む方にはよくわからない表現になっているところがあったり。また、今回の読み手は「看護管理職」の方が多いと思いますが、現場で起こっていると想定されることとずれていたり。あらためて読めば読んだだけ、修正点が見つかってくる感じでした。

さて、3回目以降も前倒して執筆できるように、早めに計画立てなきゃです。
来月、発刊されたらまたあらためてご紹介します〜。

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
平野 順子
性別:
女性
職業:
人材開発コンサルタント、ビジネスコーチ、研修講師

関連ページ


<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- コーチの徒然草  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /