コーチの徒然草

《コーチング・ブログ》--------岩手県盛岡市在住のパーソナル・コーチ 平野順子が、コーチングやセミナーの活動を通して、心に触れたこと、目に留まったものを、徒然、気ままにお伝えします~。

2018/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
今年は全国的に雪が多いですね・・・。私自身は、今年は直接的な被害には合ってませんが、何年か前の大雪の年に、翌日に青森県の黒石市で仕事があるのに電車が止まり、青森から弘前まで吹雪の中タクシーで移動したときのことを思い出したりしていました。

思えばあの時の仕事は高校生の就職ガイダンスでしたが、今年は2年ぶりにその就職ガイダンスの仕事に少し入らせていただいています。高校生の就職ガイダンスの仕事は、私が研修の仕事をスタートした当初から入ってまして、足掛け13年ってことになりますかね。多い年だと、1シーズンに30開催以上入らせていただいたこともあります。前述の大雪の話もそうですし、東北各地を回る中でいろいろな思い出ができました。

ここ数年は、諸事情といささか思うところがありまして、あまり入っていませんでした。諸事情というのは時間的な問題、思うところというのは、就職環境が売り手市場に変わったのでこの手の就職ガイダンスの必要性が下がっているように感じる、というのが大きなところです。他の細かい理由もいろいろありますけどね・・・ここで語れないこととか(笑)。

ただ、必要性の低下という観点は普通校についてはそうですが、特別支援校や定時制高校となるとまた違う意味があるかなと。社会的に就労人口が不足していますし、IT化や機械化がさらに進んでいるので、より多様な人材が働き手として必要とされているのではないかと思うわけです。てなわけで、2年ぶりの就職ガイダンスですが、私は岩手県内の支援学校と定時制高校に絞って担当させていただいています。

2月に入ってすでに3つの学校に行きましたが、生徒さんはそれぞれ障害があったり、これまで辛い体験を乗り越えたてきたりと、その大変さは私が完全に理解してあげられるわけではないです。でも、みなさんとても一生懸命で、自分の持っている力でなんとか社会に出たいという気持ちが伝わってきます。毎回、生徒さんのその姿勢に、私の方が心が洗われるような気持ちになって帰ってきます。

私が支援できることはほんの少しでしかないですが、彼らが活かされるフィールドが見つかったらいいなと切に思います。
今期は残り1校、聴覚支援学校に行く予定です〜。


お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
平野 順子
性別:
女性
職業:
人材開発コンサルタント、ビジネスコーチ、研修講師

関連ページ


<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- コーチの徒然草  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /