《コーチング・ブログ》--------岩手県盛岡市在住のパーソナル・コーチ 平野順子が、コーチングやセミナーの活動を通して、心に触れたこと、目に留まったものを、徒然、気ままにお伝えします~。
[1119] [1118] [1117] [1116] [1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109]
6月は忙しいながらも極端なピークがなく、ときどき休みを挟めているので、わりと調子よく過ごしています。休みには、ランニングしたり、カイロに行ったり、たまにのほほ〜んとしたり(笑)。

・・・だったのですが、先日の日本海側の地震。瞬間風速的に心理的なエネルギーを消耗した感じ〜。というのが、前にもブログに書いたような気がしますが、私はスマホから流れる緊急速報の ”ぷにっ!ぷにっ!”って音に過剰に反応します。東日本大震災のときに60名ほどいるところで就職セミナーをしていて、大音量であの音が鳴りまして・・・。その後も余震のたびに鳴るので、震災とその後のいろいろな出来事、心の中の葛藤やネガティブな感情などがあの音と結びついちゃっているんですね・・・。

トラウマというほど大げさなものではないですが、メカニズム的には一緒ですね。当時の感覚が身体の内側から蘇る感じで、専門的にはフラッシュバックと言ったりします。1〜2台が鳴る程度だとさほどではないのですけど、数台が和音のようになって響き渡ると、心臓がかなりバクバクします。

緊急警報なので、あまりのんびりとした音では意味がないでしょうし、多少は人の心理を煽るような音が選ばれているとは思います。ただ、大きな震災の時に鳴った音は、それがトラウマになっている人も多くいると思うので、できれば定期的に音の種類を変えてもらえたらいいなと思ったりしてます。

今回は山形沖での緊急速報だったわけですが、これまでだと岩手や宮城、福島あたりの情報が入ることが多いので、いつもと違う感じに身構える。そして、ほどなく初期微動、さらに少し経って、主要動の横揺れ。なんとも教科書通りですが、これだけ時間が経ってからの主要動がそこそこ大きかったので、震源はさぞかし揺れたのでは・・・と、不安がより募る。知識や情報がありすぎるのも、考えものだと思ったり。

てなわけで、危機回避のために必要なプロセスとはわかりながらも、必要以上にエネルギーを消耗したのでした・・・。
とはいえ、私は物理的な被害は全くなかったので、何よりそれに感謝すべきですね。
震源近くの方々の被害がなるべく少なく収まるようにお祈りしています。。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
プロフィール
HN:
平野 順子
性別:
女性
職業:
ビジネスコーチ、研修講師、人材開発コンサルタント
関連ページ

Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) コーチの徒然草 All Rights Reserved
/